10月≪ 2006年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.11/29(Wed)

えっ、いいの? 

南美唄ミニバス、練習が終わってもすぐには子ども達帰りません。
あ~でもない、こ~でもないとぺちゃくちゃおしゃべりをしながらのんびりおかたづけ。
ま、お迎えの母さん方も、練習が終わってもすぐには帰ろうとせず、母さんどうしでなにやらぺちゃくちゃ。
あまりダラダラしているのもよくないとは思うのですが、意外に練習後のこの時間が子ども・指導者(おやじ)・保護者のコミュニケーションの時間になっていて、わりと有意義だったりするんですねぇ。
子ども達との会話、母さん達との会話が楽しくて、ついついおやじも長居してしまいます。

火曜日の練習後、いつものように子ども達とぺちゃくちゃ。
話題が、おやじのシューズについて。

「しっかし、センセ(おやじ)のくつ、ホントボロだねぇ。」
「しょうがないじゃん、もう3年以上はいてるんだもん。」
「新しいの、履けばぁ?」
「だから全道で・・・。」
「もう全道いくこと決ったんだから、(履いても)いいじゃん。」
「えっ?いいの?」
「それに、急に新しいバッシュ履いてフリースロー外したら困るじゃん。」

と、いうことで子ども達からもらったバッシュ(11/3エントリー「サプライズ」参照)を、おろすことにしましたぁ!

今日の練習から早速履いています。
おう、むちゃくちゃ止まる!ソールが滑らないぞぉ!やっぱり新しいバッシュはいいなぁ・・・。感激!!!
ただ、ちょっと気になるのは・・・


“フリースロー外したら困るじゃん”


『北海道選手権』開会式後のアトラクション:フリースロー大会のことを言っているんですね。
昨年は、むっちゃ練習していったにもかかわらず19本中6本しか入らない大失態。実はおやじも外してしまいました。(アセ
アトラクションにもリベンジがかかっているんですねぇ。(笑)

当日、いきなり新しいバッシュで感覚が狂ってフリースロー外したら困るから、少し慣らしておいた方がいいということを娘達は言っているわけですね。

と、いうことは・・・


もう外せない!?Σ( ̄ロ ̄lll)

いらんとこで、変なプレッシャーを作ってしまったおやじでした。(笑)

必死こいてフリースローの練習です!!!



スポンサーサイト

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス

【編集】 |  23:34 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(14) | Top↑
2006.11/27(Mon)

もう1つの全道 

おやじは、南空知地区でミニバスのコーチをしています。
この『南美ミニバス日記』は、おやじが指導しているチームのことを中心に書いています。コーチという立場で・・・。

今日のエントリーは、思いっきり“ミニバス娘を応援する保護者”の立場で書かせていただきます。

うちの長女ユウ(3年生)、今年からミニバスをはじめました。
(5月25日エントリー「ちょっと複雑」参照)
所属しているチームは、おやじのチームではなく、北空知地区の砂○ミニバス少年団。
おやじは、自分のチーム(南美)では“コーチ”、娘のチーム(砂○)では“応援おやじ”という二足のわらじ生活です。
娘のお迎えに行くときは、“ユウのお父さん”、練習試合では“南美のコーチ”、砂○の子ども達にとってはなんだか面倒くさいおやじです。(笑)
“南美のコーチ”としての方が表の顔らしく、“ユウのお父さん”として砂○の練習試合や大会の応援に行くと、他のチームのコーチ連中に、
「なんでこんなとこにいるの?」ってな顔をされちゃいます。(苦笑)

ユウはまだ3年生でようやっとユニフォームをもらったばかり、試合に出るのはまだまだ先のことでしょうが、砂○ミニバスは娘の所属するチームですから、自分のチームと同じくらい応援しちゃってます。

その砂○ミニバス少年団、
南美唄ミニバスが全道出場を決めたその日、
『北海道選手権北空知地区予選』で、
















優勝しちゃいましたから~~っ!!!

全道出場、決めちゃいましたから~~っ!!!

(≧ ≦)Ω ヨッシャ!!!

おやじ、北海道選手権の開会式での南美の入場行進想像しただけでもウルウルきちゃうのに、同時に娘ユウの行進も見れちゃった日にゃ、そりゃもうやばいズラ。
大変なことになってしまいました。


ここからは奥様の報告をもとにしています

砂○、トーナメント1回戦で第1シードの芦○に最高のゲームで快勝、
2回戦準決勝、滝○西にダブルスコアで圧勝、
そして決勝戦、昨年北海道選手権出場の滝○東と逆転⇒再逆転の末、1点差という失神しそうなしびれるゲームを制しての優勝です!

今年度、砂○の地区最高成績は、第3位が1回のみ。
正直、誰もが予想しなかった優勝です。
第1シードの芦○、第2シードの滝○第二がともに1回戦で敗れるという波乱があり、砂○の優勝も、“まぐれ”と思われている北空知のミニバス関係者も多いことでしょう。

でも、おやじは知っています。
大会1週間前の練習試合でレギュラーメンバーの#12が腕の骨にひびが入る大怪我をして戦線離脱。
層の薄い砂○、代わりに入るのは公式戦経験のない3年生の#15。
1回戦の対戦相手は、今年1度も勝ったことのない第1シードの芦○。

でも、砂○は諦めませんでした。
一人ひとりが自分の与えられた役割をしっかりと果たしました。
#15をみんなでフォローしました。
ベンチが今まで出したことのないような大きな声で選手を盛りたてました。
自分を信じ、仲間を信じ、最後の最後まで必死に戦いました。

バスケットの神様は、きっとそんな姿に心打たれたのでしょう。
そして、最高のチームワークに対して、最高のプレゼントを与えてくれたのでしょう。

砂○ミニバスのみんな!

ホントにホントにおめでとう♪♪♪

思いっきり全道大会、楽しんでこようね!


ということで、おやじは親子で全道です~~~っ♪

すな○~~っ、なんび~~っ、ダブルでふぁいとぉ!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス

【編集】 |  22:00 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(24) | Top↑
2006.11/27(Mon)

3つ目、そして・・・ 

はじめにお断りしておきます。
今日、まともな文章が書ける自信がありません。

『北海道選手権南空知地区予選』最終日、今日で全てが決ります。

南美唄は、リーグ戦全4試合の残り2試合が予定されています。

3つ目は、朝一の試合。相手は、三○・○張合同チーム。
昨日、美唄○央としびれる試合をした南美、緊張の糸が切れてしまっていないかが気になるところでしたが・・・。

<第3試合 南美唄 116- 7 三○・○張>
1Q 28- 2
2Q 37- 2
3Q 21- 3
4Q 30- 0

リーグ戦ゆえに“勝敗同率でゴールアベレージ”となった場合(昨年がそうでした)のことも考え、点数は取りにいったのですが・・・、
明らかに、試合に集中できていない選手がチラホラ。昨日の疲れかプレッシャーか、しっかりと気持ち作りが出来ていません。
どんなに試合に余裕があっても、ダメなものはダメ、締めるところは締める。タイムアウトで激!Qタイムに激!
次に控える大事な一戦に、同じような調子でのぞまれたら大変です。

3つ目終わって、3戦全勝。あと1つです!

最後の試合、対戦相手は、南○。
南○vs美唄○央で、南○が負ければ、たとえ南美唄が南○に負けても、ゴールアベレージで南美唄の優勝。
ちょびっとだけ、そうならないかなぁ・・・なんて思ったりもしましたが・・・、
そうはなりませんでしたね。(苦笑)
南○vs美唄○央は、32-27で南○の勝利でした。

南美唄vs南○、3戦全勝同士の対決、事実上の決勝戦、勝ったチームが優勝です!

『決勝戦』
【1Q 南美唄 13-11 南○】
昨日の美唄○央戦とはうって変わってシュートが入る!縦パスからの速攻が決る!
でも、相手のシュートも入る!( ̄□ ̄;)

でも、点の取り合いは南美のペース。競ってはいますが、チームに悪い雰囲気はありません。このままの流れをキープしたいところです。

【2Q 南美唄  1- 2 南○】
と、ビックリ2Q!!!
1Qとまるっきり逆の展開。相手のエース#4の攻撃を完全に止めるものの、こちらの攻撃も完全に止められて、超ロースコアの展開となってしまいました。
後半の展開が全く予想できない試合の流れです。

<前半 南美唄 14-13 南○>


【3Q 南美唄 13- 6 南○】
相手ベスメンの#5が2Q途中で負傷退場。その影響もあってか、南○リズムに乗り切れません。
一方、南美唄、ちっちゃいベスメンが頑張ります。1-2-1-1のゾーンプレスも相手にかなりのプレッシャーを与えることができ、さらに美唄○央対策に練習を重ねたセットプレーが、ここにきて威力を発揮します。(美唄○央には空振ったけど:笑)

【4Q 南美唄 20- 8 南○】
3Q終えて8点リード。けっして安心できる点差ではありませんが、押せ押せムードの南美唄。4Qに入っても攻撃の手を緩めません。
後のない南○、負傷退場していた#5、ファウル4つの#6をゲームに戻し、正規のベスメンで逆転を狙います。
プレスダウンから得点を許すも、南美唄も確実に得点を重ね、その差縮まらずゲームセット!

<第4試合 南美唄 47-27 南○>


4戦全勝!優勝ですぅ!!!

全道大会出場権獲得ですぅ!!!

(≧ ≦)Ω ヨッシャ!!!


応援いただいたたくさんの皆さん、ホントにホントにありがとうございました!
いろいろ書きたいことはあるのですが、感激でまだ整理がついていません。気持ちが落ち着いたら、少しずつ書いていきたいと思っていますので、ご理解ください。
とにかく、むちゃくちゃ嬉しいのとホッとしたのとプレッシャーからの解放と感謝の気持ちと子ども達を褒めて上げたい気持ちと自分もちょっとだけ褒めたあげたい気持ちともう、なんだかわかりませんわ。(笑)

でも、一番嬉しいことは・・・

“6年生とガチンコで練習できる時間が伸びたこと”であることは間違いありません。

南美唄を待っていてくれた全道のチームに恥ずかしくないゲームが出来るように、また練習ですね。

なんび~~~っ、ふぁいとぉ!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス

【編集】 |  02:06 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(30) | Top↑
2006.11/25(Sat)

2つ目 

はじめにお断りしておきます。
今日は、まともな文章が書けるかどうか自信がありません。
よって、???なところは雰囲気で読み取ってくださいね。(笑)


25日(土)、『北海道選手権南空知地区予選』の2日目です。

南美唄は、本日1試合。全4試合の2つ目です。

対戦相手は、先日の「美唄市選手権」で負けを喫した美唄○央ミニバス。(10月28日エントリー「プレ選手権」参照)
南美唄が全道を目指すにあたって、大変大きな壁となるチームとの対戦です。

結果はというと・・・

久々に、試合終了と同時に両チームが涙、涙、涙でしたね。
またしても1ゴール差でのゲームセット。
そして、(」゜ロ゜)」 ナントビックリ!
「美唄市選手権」のときと全く同じスコア!!!


1つだけ違ったことは・・・













なんびが、がじまじだ~~っ!!!(かちました~~っ。)

<第2試合 南美唄 23-21 美唄○央>
1Q  5 - 8
2Q  6 - 6
3Q  4 - 5
4Q  8 - 2

これといって大きなミスもなく、しっかりとプレーできているのにシュートが入らない。すこ~し気負いすぎかな?
しかし、ロースコアゲームは完全に相手チームの流れ。それがわかっている南美ベンチ、そして応援席、いや~~な雰囲気が流れます。
3Q、この日のために用意したセットプレーで一気に逆転を狙いますが・・・、
完全に決った!と思われたシュートが、これまた入らない。セットはバッチリ決っているのに・・・。
“負けるときって、こんな感じだよなぁ。”

そんな窮地を救ったのが、今年の夏季交歓大会(夏全道)の時に、チビッコ南美でも気持ちだけは負けないようにと練習を重ねた“打てると思ったら迷わず打てロングシュート”でした。

4Q、スリーポイントラインの1mくらい外から迷わず打ったシュートは、最高のアーチを描いてリングに吸い込まれました。#6HARUKAが2本、そしてキャプテン#4YUKINAが1本。
凄いのは、シュートが決ったことではなく、あれだけのロングシュートを迷わず打てた“気持ち”。
逆転シュートは、ルーズボールの取り合いで相手の頭がほほに直撃、目の下をブス色に腫らしながらも勝利を信じて最後まで戦いつづけた5年生#10SUZUKAがねじ込みました。
相当痛かったと思います。女の子の大事な大事な顔。それでもおやじは、
「モチベーションが下がるから、試合中は泣くな!」(この、くそおやじ!)
#10、歯を食いしばってプレーを続けました。
試合終了でベンチに戻った#10に、
「よし、思いっきり泣いていいぞ!」
言いながら、一番泣きそうだったのはおやじです。(苦笑)

正直、ダメかも・・・と思いました。
子ども達の“自分を信じる気持ち”“仲間を信じる気持ち”がどれほどのエネルギーとなるのかを改めて教えてもらいました。
この子らのコーチであることを本当に誇りに思います。素晴らしい子ども達です。

目標達成まであと2つ。
1つの大きな山は越えましたが、残る2つもまだまだ油断ができません。
でも、今日の“気持ち”があれば、きっと大丈夫!

なんび~~~っ、ふぁいとぉ!!!です♪

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス

【編集】 |  22:24 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(24) | Top↑
2006.11/24(Fri)

1つ目 

『北海道選手権南空知地区予選』がスタートしました!
南空知地区は、チーム数が男女各5チーム。(大きい地区ごめんなさい。:笑)
よって、地区のあらゆる大会がリーグ戦総当りで行われます。今回も、もちろん総当り。シードもなければ、くじ運も関係ありません。

4つ勝てば、優勝です。

わかりやすくていいでしょ♪

さて、23日(木)は4つのうちの1つ目の試合が行われました。
対戦相手は、岩○沢。

<第1試合 南美唄 101-14 岩○沢>
1Q 24- 7
2Q 14- 5
3Q 30- 2
4Q 33- 0

先日の「美唄市選手権」で、ライバルチームの美唄○央に負けた南美唄。この大会は100%チャレンジャーの気持ちでのぞみます。最初のタップから最後のブザーがなるまで、一瞬たりとも手を抜かず、気を抜かず、全力で戦います。
たとえ点数に差がついたとしても、絶対に余裕は見せません。

また、この大会は、6年生にとって最後の公式戦。これ以降、南空知の他のチームの6年生と公式戦で戦うことはありません。
今まで、互いにしのぎを削り、切磋琢磨してきた南空知の仲間との最後の試合。毎試合、南美唄の全てを見てもらうつもりで戦います。

ここ最近、消極的なオフェンスが指摘されていた1Q、今日は攻め気がみなぎっています。ゴールに向う気持ちが強く感じられました。
が、しかし、攻め気が強すぎて、守ることを忘れてしまいましたぁ。
失点のほとんどがセーフティーを忘れたことによるものでしたね。課題だな。

2Q、得意の外のシュートが決らず、リズムに乗れません。リバウンドが拾えていたのでなんとか形にはなりましたが、思うほど点数が伸びず、子ども達にとっては不満の残る内容だったようです。

3Q、さらに“攻めるディフェンス”に。相手にハーフラインを越えさせないディフェンスとカットからの速攻で圧倒的優位に立つものの、やはり外のシュートが入らないのでさっぱりしない。シューター#6HARUKAに、「入るまで打て!」の指示。

4Q、6年生ベストに代えて5年生#10、#11投入。南美の中では、“ちっちゃいベスメン”と呼ばれているセットです。その名の通り、全員140cm台。高さがなくなる分、速さとシュート力に期待です。ようやっと#6の外のシュートも決りだし、オフェンスのバランスがよくなりました。この高さでもなんとかやれそう?

北海道選手権予選1つ目、10人全員得点の100点ゲーム、気合い十分の勝利を飾ることができました。
1つ目を見た限り、不安要素は見当たりません。この勢いのまま突っ走ってほしいものです。

2つ目は、25日(土)、美唄○央との対戦です。
「美唄市選手権」のリベンジをしなくちゃいけませんね。
へへへ、“必殺技”出すとしましょうか?
いざ!勝負!!!



テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス

【編集】 |  01:59 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(27) | Top↑
2006.11/21(Tue)

やっべぇ! 

23日(木)、勤労感謝の日が『北海道選手権南空知地区予選』の初日。
昨年もそうでしたが、一番のプレッシャーを感じているのは間違いなく
お・や・じ。(笑)

全道大会出場をかけたこの大会。
簡単な気持ちではその切符を手にすることはできないということは、みなさんご存知のことと思います。
そうなると、当然、“厳しい練習”が必要となるわけです。
でも、厳しい練習に耐えられるのは、
「これに耐えたら、目標が達成できる!」
という確約があるからで、
「これだけやっても、勝てるかどうかわからんよ。」
じゃ、耐えられないと思うんですよね。そのくらい厳しい練習なんです。
おやじの言葉を信じて、これまでがんばってきた子ども達を絶対に裏切ることはできません。
そのプレッシャーなんです。

2週間ほど前から、原因不明の吐き気に襲われ、
1週間ほど前から、原因不明の睡眠障害に襲われ、
そして、昨夜!!!

眠れなくなるうちに寝てしまおう!(笑)とブログの更新もコメントのチェックもせずに(ごめんなさい。)布団に入ったおやじ。

いい感じで眠りにつけたのですが・・・

夜中に、あれ?あれれれ?


寝返りがうてない!?

寝返りをうとう(体を動かそう)とすると、背中(腰)に激痛が!!!

やっべぇ、や、やっちまった!

それから明け方まで、痛みと格闘・・・、結局寝不足に変わりなし・・・。

原因不明の腰痛に襲われましたぁ。(;>_<;)
ギックリ腰が背中の方に来た感じ。
幸い、背中の方なので歩くのには支障ないのですが、呼吸が苦しいのと横になったら起き上がるのに一苦労。

参りましたぁ・・・。

大会は2日後。
ベンチワークは、派手なパフォーマンスを控えれば済むけれど、最低1試合は笛を吹かなければなりません。なんとか2日間で、走れる位に回復させなければ。

学校をお休みした子の顔を見に家庭訪問。
腰を摩り摩り、きわめてスローに動くおやじを見て、その家の母さん、
「せんせ、これ持っていって!ばあちゃんが病院でもらったやつだから。すっごく効くから。」
と、たくさんの湿布と塗り薬をくれました。
「元気出せよ~!」と言いにいくつもりが、逆に元気もらって帰ってきました。感謝!!!

いっつも、こうしてたくさんの方々に助けられて、なんとかやっているおやじ。
いつか、どこかで、世のため人のためになることしなきゃ、ばちが当たるな。

まずは、子ども達との約束、守るとしますか!
(またプレッシャーが・・・。笑)

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  23:00 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(22) | Top↑
2006.11/18(Sat)

あやかりたくて・・・ 

今日、南美唄の練習はお休み。
大会直前の土曜日に、練習なしなんて!
南美唄、全道あきらめたか!?
それとも、余裕か!?

いえいえ、どちらでもありません。
正解は、“全道に行くためのお休み”ってとこでしょうか。

昨日の日記にも書いたように、『北海道選手権南空知予選』までの残された練習でしておきたいことは“気持ち作り
そのために、南美唄の子ども達を“ある場所”へ。

その“ある場所”とは・・・


札幌白石区体育館

そうです、今日18日は、札幌地区全市大会1回戦が行われる日。この1回戦を勝ち上がったチームが、全道大会の出場権を獲得します。
札幌市内5つのブロックを勝ち上がった強豪が、さらに全道出場をかけて戦うこの全市1回戦、プレッシャー、緊張、プライド、執念などなど、様々な“気持ち”が入り乱れ、さらに勝負の厳しさという現実が・・・。
これ以上、“気持ち作り”に最適な場所はないでしょう。刺激が強すぎるかもしれませんが、この刺激にやられるくらいならそれまでのチームだったとあきらめるしかありません。南美の子ども達の強い気持ちに期待して、試合観戦・応援です!

もしかすると、知っている顔に会って、
「全道決ってもいないのに、スカウティング?」
と思われると恥ずかしいので、子ども達は私服、おやじもなるべくこっそり会場入りです。(笑)
が、しかし、いきなり手稲○丘のコーチに発見され、
「あれっ?偵察?」
恥ずかしい~~~っ!慌てておやじ、
「いやぁ~っ、全道出場チームにあやかりたくて・・・。(苦笑)」


素晴らしいゲームの数々に、おやじも子ども達も大興奮!!!
試合の結果は、後日『札幌地区ミニバス連盟』のHPにアップされると思いますので、ここでは省略。

こっそり観戦のつもりでいたのですが、あるチームのある方にどうしても会っておきたい事情ができ、ご挨拶&固い握手。

あやかったぞぉ~~~!!!(笑)

この握手によって、南美唄ミニバスが全道に引っ張られること間違いなし!
練習休みにして、札幌までいった甲斐がありました♪

最後の試合までたっぷり観戦、子ども達に感想を聞いて見ると・・・、

「もう1回、美○が丘とやりたい!」

連れてきてよかったぁ!
対戦できるかどうかは、組み合わせ次第だけど、全道で戦いたいという気持ちは、しっかり作ることができたようです。

全道出場をきめた7チーム(あと1つは23日)のみなさん、待っててくださいね。1週間後、みなさんを追っかけていきますよ~!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  21:56 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(12) | Top↑
2006.11/17(Fri)

猛反省 

『北海道選手権南空知地区予選』まで今日を入れてあと4回の練習となりました。
あと4回の練習で、どれだけ上手くくなれるか?
まあ、たいして変わらないでしょう。(笑)
あとは、子ども達一人ひとりが自分の持てる最高のパフォーマンスを発揮できるよう、体調の管理とメンタル面の支援をするだけですね。

といいながら、今日の練習でおやじ大失敗!(アセ

練習最後のメニュー、5対5でゲームを行いました。
練習終了まであと数分。
ベスメンの調子がすこぶるよかったので、欲が出て、
「よし、もう1つ。」

#7MOEがドライブにいった所に、ディフェンスと交錯。もんどりうって倒れた#7、うずくまったまま起き上がりません。(°口°;) !!
慌ててゲームを止め、#7に駆け寄ります。
お迎えに来ていた母さん達の中に看護士さんがいて、一緒に様子を診てもらいます。
とりあえず捻挫や骨折はしていない様子、靭帯も大丈夫そう。
交錯した時に、ディフェンスの膝がふとももに入ったようです。
痛さのあまり泣きじゃくる#7。
普段、痛い痒い言わない子です。それが人目をはばからず泣くくらいですから相当痛かったのでしょう。

すぐアイシングと湿布。
心配そうに見守る子ども達。

しばらくすると痛みも落ち着いたようで笑顔が見えて一安心。


全ておやじの責任です。猛反省。m(;∇;)m
子ども達の目に見えない疲労を考慮に入れず、勢いで練習を続行したことによる事故です。ベスメンに対するディフェンスの疲労を十分考えていませんでした。
南美唄ミニバス、今シーズンここまで大きな怪我もなくやってこれました。それをいいことに、ちょっとした油断がありました。
一つ間違えれば、大事故につながるところでした。
一番大切なのは、選手の体。上手くなるために無理をさせて怪我!なんてことになったら、コーチ失格!です。

おやじは、スキーの指導員もしています。
全日本スキー連盟が提唱する『安全のための10則』のなかに、
「もう1回、そこがスキーのやめどころ」
というのがあることを思い出しました。
決して無理をせず、もう少しやりたいなぁ・・・と思うくらいの所でやめておくのが、怪我や事故を防ぐことにつながるということです。

幸い、大きな怪我にならずにすみました。
先ほど#7に電話したら、
「まだ痛いけど、大会までには走れると思う。」
とのことでした。
痛い思いさせてゴメンネ。

あと3回の練習、絶対無理はさせないぞ。
それでなくても少ないメンバー、一人ひとりがとてつもなく大切な戦力です。
『北海道選手権南空知地区予選』の一番の目標は、

“みんなが元気”にします!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  22:12 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
2006.11/14(Tue)

北海道の冬は? 

おやじは、教師です。専門の教科は・・・・その通り、保健体育です♪

体育が専門なので、もちろん学生時代から運動に親しんできました。
バスケットは・・・体育の授業でしか習ったことがありません。素人です。(笑)
おやじの専門は、「剣道」。
○さい・う○さい・じゃ○くさいの「剣道」です。
おやじの体育館に響き渡るこの大きな声は、剣道で培われたものです。

じつは、剣道の他にもう1つ、おやじが真剣に取り組んでいたスポーツがあります。
それは・・・















スキー

雪国生まれの雪国育ちですから~!!!
結構滑れるんですよ♪
指導員の免許なんか持ってたりして、スキー連盟にも所属しています。

今日、そのスキー連盟の会議がありました。

実は、おやじの所属する連盟が活動していたスキー場が、今シーズンからなくなってしまうんです。
スキー離れ著しい昨今の煽りとでもいいましょうか。不況の煽りとでもいいましょうか。
とにかく、スキー場が閉鎖となります。
今後の活動について話し合うための会議でした。

慣れ親しんだ、そしておやじの活動の場であるスキー場が閉鎖されてしまうのはとってもつらく寂しいのですが、
それより何より、
子ども達から雪山の楽しさを遠ざけてしまうのがなにより悲しい。

北海道の冬は、やっぱりスキーでしょ!

ミニバスがお休みの日曜日、家族そろってスキーなんてのもたまにいいかも♪

道外のみなさん!北海道のパウダースノーは最高ですよ。
冬休みの旅行に、北海道スキーツアーなんてのはいかがでしょうか?

昔のようにまた、全道各地のスキー場にたくさんの人が訪れ、たくさんの子ども達の歓声が雪山に響く日がくることを期待しています。


タグ : ミニバス スキー

【編集】 |  22:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(20) | Top↑
2006.11/13(Mon)

親としてできること 

週末、練習試合が続いたので、今日の南美のミニバス練習はお休み。
体育の授業で、バスケットはしたんですけどね♪

たまにファミリーネタでも。

うちの長男坊タク、小学校4年生の途中からミニバスを始め、今年中学1年生。中学校でもバスケ部に所属。
ポジションは1番・2番かなぁ。
ミニバス時代からこれといった輝かしい成績もなく、ただ“好きだから”バスケットを続けてきたって感じ。

それが、S中バスケ部、先日行われた管内の新人大会で準優勝、12月に釧路で行われる北北海道大会に出場する事になりました。
もちろん、主力は2年生で、1年生のタクは「連れていってもらう。」立場なので、全く偉そうなことはいえません。それでも、ミニバス時代からそんな大きな大会に出た事がないので、やっぱり嬉しいですね。

ただ・・・、タクの場合、喜んでばっかりもいられない状況なんです。

2年生に混じって試合に出してもらっているんです。

そして、どう見ても、足を引っ張っているんです。

タクなりに頑張っているのはわかるのですが、身長もスピードも技術も明らかに足りない。しまいにゃ、プレッシャーでイージーシュートまで外す始末。

まだ1年生だから・・・は、本人にとっての慰めにはなりません。コートに入っている以上、責任を持ってプレーしなければいけないということは十分理解しています。どんな理由があっても、ミスはミス。チームにとってのマイナスに他なりません。

北北海道大会出場が決った後の「空知新人大会」で、大ブレーキとなったタク。
その日はさすがに凹んでましたが、バリカンで頭を丸める(もともと坊主頭ですけど:笑)と共に出した答えが

「練習する!」
でした。

月・木の週2日しかありませんが、市の総合体育館でバスケットができるので、おやじと2人でシュート練習開始です。
タクは部活後、おやじも仕事&ミニバス練習後なので、かなりキツイ。
タクは、ひたすらにシュートを打ちつづけ、おやじはリバウンド、そしてボール出し。
100本や200本打ったからって、急に上達するわけはありません。もともとへたっぴからのスタートですから、戦力になるには相当の時間が必要でしょう。
でも、やるしかありません。

後ろ向きになっても、その場に留まっていても、答えは見つからないでしょう。
前を見て、精一杯やれることをやる!しかありません。

困難に立ち向かおうとする我が子に、親としてできることなんてそう多くはありませんね。
ちっとも入らないシュートのリバウンドを拾って、次のシュートは入ってくれという期待を込めてパスを出すことくらいです。

ま、へたっぴなのはシュートだけでなくパスもドリブルもなんですけどね。(苦笑)
さて、引退までにモノになるのか?(アセ

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : バスケット

【編集】 |  23:02 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2006.11/12(Sun)

寒っ! 

Qタイムにふと体育館の外を見ると、大粒の雪。
初雪です。
朝から寒かったもんなぁ・・・。

そして、練習試合の内容も・・・寒っ!(笑)

昨日に引き続き、今日も練習試合。
昨日の練習試合で丸見えになった“弱点”をどう修正していくかが一番の課題です。
今日のお相手は、北空知地区夏季交歓大会出場チームの滝○第二さん。このブログでも、すっかりお馴染みですね♪

<第1試合 南美唄 51-22 滝○第二>
1Q 12- 4
2Q 15- 6
3Q  6- 6
4Q 18- 6

前半で余裕が出たためか、4Qにだらしないプレーが続出。
おやじに説教させるために、わざわざ気を緩めているのか?と思ってしまうような終り方で、当然( ̄△ ̄#) ウラー
ゲームセットまで、ちゃんとやろうぜ、ちゃんと!

<第2試合 南美唄 54-25 滝○第二>
1Q  9- 2
2Q 13- 3
3Q 11-12
4Q 21- 8

第1試合の1Qと2Qを入れ替えてみました。たいした変化はありませんでしたね。(笑)
3Q,やっぱりオフェンスとディフェンスが噛み合わない。(泣)
点差は1点かもしれませんが、内容が悪すぎ。
やりたいことができていないので、どんどんプレーにストレスが溜まってきて、流れが全く掴めません。競った試合なら、完全に負けパターンです。
4Qは、ちっちゃいベスメン(おっと内緒内緒!)が頑張りました。

<ベスト2Q戦 南美唄 11-25 滝○第二>
1Q  2-19
2Q  9- 6

最後に、ベストメンバーで2Q戦を行いました。
1Q、南美の弱点と滝○第二の作戦(これも内緒♪)が見事噛み合い、もうやられ放題。バンザイお手上げ勘弁してくれ状態です。(苦笑)
2Q、最後までやらせるべきか?ちょっと考えましたが、このまま終わっては今後に差し支えると判断し、メンバーチェンジ。なんとか2Qはとることが出来ました。

今日の練習試合では“弱点”がさらに強調された形となってしまいました。

何をしたくてコートに立っているのか、わかるプレーをしましょう。
自分の役割は何なのかをしっかり認識しましょう。
そして、
初心者みたいなミスは、勘弁してくれぇ~~っ!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス

【編集】 |  18:50 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
2006.11/11(Sat)

#16 

今日のタイトル『#16』については、日記の最後に!(じゃぁタイトル変えろよ!って話ですね:苦笑)

今日11日は、練習試合を行いました。
対戦相手は、北空知地区の妹○牛さんと砂○さん。
『北海道選手権地区予選』は2週間後。そろそろ“戦える形”を確定していかなければならない時期です。

<第1試合 南美唄 47-27 砂○>
1Q  8- 4
2Q  8- 9
3Q 11- 6
4Q 20- 8

やっぱり#13MIYOKOが入ると、1Qが安定するなぁ・・・。もう風邪ひくなよぅ!「美唄市選手権」は、せつなかったぞぉ~。
まずまずの出だしと思いきや・・・、
2Qのディフェンス緩すぎ。(泣)このQ、取られちゃいました。
3・4Qは、練習中(内緒♪)の形を試してみましたが、う~~ん、まずまず合格点かな。

<第2試合 南美唄 45-16 妹○牛>
1Q  9- 4
2Q 13- 0
3Q 11- 4
4Q 12- 8

高さのある妹○牛さんとの対戦。過去の対戦では、常に苦戦を強いられてきましたが・・・、
今回は、“走り勝ち”かな?
#4YUKINAと#7MOEのスピードが際立ちました。この2人が走ると、うちのチームは勢いがつきますね。
4Qのディフェンスは、練習中なので大目に見ましょう。


まあ、なんとなく勝てはしたんですけどね。
走れたし、外のシュートも入ったし、南美らしいバスケットができたといえばそうなんですが・・・。
“弱点”が丸見えなんです。(|||_|||)
もちろん、その弱点をここで公表することはできませんが、多分一度見たらすぐバレます。やっぱ、バレたら勝てないだろうなぁ。

みのがしてくれよぉ~~っ! (笑)

なんてこと言っても、見逃してもらえるわけないので、
後2週間、やれるだけのことをやるしかありませんね。

なんび~~~っ、ふぁいとぉ!!!

明日は、滝○第二さんとの練習試合です♪

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  22:32 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2006.11/09(Thu)

まだやれるよ! 

先週末の3連休、札幌市では、
第21回市長杯争奪札幌地区ミニバスケットボール少年団交流大会
 第35回秋季札幌地区ミニバスケットボール選手権大会 兼
 第32回北海道ミニバスケットボール選手権大会札幌地区予選
 ブロックトーナメント
』(長っ!)が行われました。
ブロックによっては、まだ試合が残っているところもありますが、この上の大会(全市大会)に、出場できるチームもぼちぼち決まってきたようです。

札幌市内5つのブロックから勝ち上がってきた16チームによって、全市大会が行われます。
その1回戦に勝利し、札幌市内ベスト8に入ることができたチームが、ようやく『北海道選手権』(全道大会)の出場権を獲得することができます。

大きい地区は、大変です。

南美唄ミニバスが所属する、南空知地区は、チーム数が5チームしかありません。よって、北海道選手権予選は、リーグ戦総当りで行われます。4つ勝てば全道が決まります。

小さい地区が羨ましい!という声が聞こえてきそうですね。

全道への道程は、各地区様々ではありますが、どの地区も共通していることが一つあります。
それは、
“負けたら新体制に移行”

6年生は、負けたら実質ミニバス引退となります。(地区によっては大会があるところもあるようですが。)
“全道出場”のプレッシャーよりも、“引退”のプレッシャーの方が6年生にとっては大きいかもしれません。

「勝っても2ヶ月、負けたら2週間で終わりかぁ・・・。」

ついつい6年生がミニバスを始めたころ(3年生)のことなどを思い出し、感傷に耽るおやじ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

練習終了まで後3分。
「はい、じゃ、これで終りぃ~。」
と、5対5のゲームを切り上げるおやじに、
「先生、まだ時間あるよ。まだやれるよ!」と#4。

“まだやれるよ!”

そっかぁ・・・うん、そうだね。
まだまだやれるね。

最後の1分、1秒まで、思いっきりバスケットをしよう!
最後の1分、1秒まで、“まだやれる!”という気持ちを忘れることなく、一生懸命ボールを追いかけよう!

南美唄ミニバス少年団、北海道選手権出場をかけた決戦は、

11月26日です。

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  02:40 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2006.11/05(Sun)

観戦 

10月中は、毎週練習試合。
今週は、しばらくぶりに練習試合のない週末。3連休中、2日間は練習したけど練習試合はなし。

でも、11・12日は、また練習試合が入りそうな予感♪
『北海道選手権予選』に向けて、モチベーションを上げていきたい時期なので、かなりガチンコな練習試合になる事が予想されます。う~~ん、楽しみ♪

今週末、練習試合はありませんでしたが、息子タクの空知新人大会』と娘ユウの練習試合が入っていて、そちらの観戦に。

タクの中バス『空知新人大会』は、4・5日に行われました。
空知地区上位3チームと南空知地区上位3チームが参加しての大会です。
4日は、美唄が会場だったので、南美唄ミニバスの娘達を連れて観戦。
5日は、砂川が会場だったので、家族での観戦となりました。

で、試合の方はと言いますと・・・、
S中バスケ部、北北海道大会出場を決めて気が抜けたか?
いまいちピリッとしない内容でしたね。
タクも初日は大ブレーキ。自分でも納得がいかなかったのか、かなり凹んでましたね。夜、伸びてきた髪を、きれいさっぱりバリカン入れて気合いを入れなおします。(笑)
バリカン効果か?2日目は、まずまず動けていたようです。相変わらずシュートは入りませんが・・・。(アセ)

結局S中は、4位という成績に終わりました。う~~ん,微妙。

5日、タクの大会の裏番組でユウの練習試合。
HAPPY☆COTTON」みっちょんさんのチームと、
このブログにコメントをいただく“ゆきんこ”さんのチームとの対戦です。
ユウは芦○とのミニゲーム1Qに出場。
リザルトは、
6分出場
得点0
リバウンド0
アシスト0
ファール0
勝手に転倒1
膝に青アザ2

という素晴らしい成績でしたね。(笑)
しばらくミニゲームからの卒業はなさそうです。

結局バスケット漬けの3連休。

・・・・・・幸せ♪



テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 空知

【編集】 |  23:58 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
2006.11/03(Fri)

サプライズ 

札幌地区の熱いブロック予選が行われている今日、南美唄は、午前中の通常練習。
昨日の練習で、チームワークについてガッツリ説教、
「さぁ、今日の練習でどれだけ心入れ替えた姿みられるかな・・・。」

子ども達の様子が心配なのか、母さん達も朝から体育館にぞろぞろ。
子ども達は、昨日の説教がよっぽどこたえたのか、若干おやじと距離を置き、よそよそしい雰囲気。

う~~ん、重い。
この重い雰囲気を吹き飛ばすにはおやじギャグしかないか?・・・などと考えているうちに練習開始の時刻。

と、キャプテン#4YUKINAが、
「先生、ここに立って。」
「???」

エンドラインに整列した子ども達の前に立たされるおやじ。
昨日の説教に対しての反省の弁でも聞かせてもらえるのかと思いきや・・・、


















『おたんじょうび、
      おめでとうございます♪』



え、え、ええ~~っ!Σ(・□・ )

やばい、驚きすぎてまったくリアクションがとれない!!!
とりあえずお礼だけはせねばと、
「ど、どうもありがとう。」

#6HARUKAが、大きな袋を抱えて、
「はい、これ!」

袋の中から出てきたのは、
バスケットボールシューズとタオル、Tシャツ、ソックス。
団のみんなでお金を出しあってのプレゼント。
恥ずかしい話ですが、以前買ったばかりのバッシューを車に置いたままカギをかけ忘れ盗難にあったおやじ。それ以降、バスケを教えるときはボロボロのレフリーシューズ。子ども達にも笑いのネタにされるボロ靴です。

胸がいっぱいで、
「ありがとう。」
が精一杯。
かなり込み上げるものがあったのですが、チラッと横の方を見ると、この一部始終をビデオで撮影している母さん達。!Σ( ̄□ ̄;)
そうかぁ、朝から集まっていたのはこのためかぁ・・・!

とっても鈍チンのおやじでした。

ビデオで撮影されている手前、涙を流すわけにはいかん!と、ぐっと堪えはしましたが、その後の練習はなんだか気持ちがふわふわして、イマイチ気合いが入りませんでした。(笑)

本当に、本当にありがとうございます!
このような経験があまりないので、どのようなお礼をすればよいのかよくわかりませんが、また、子ども達のために頑張らねばならない理由が1つ増えました。
精一杯、頑張らせていただきます。

娘達よ、もらったバッシューは北海道選手権の開会式でおろすことに決めたよ!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  20:08 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(24) | Top↑
2006.11/03(Fri)

感謝の三角関係 

選手たちは、お父さんお母さん・指導者に感謝。
お父さんお母さんは、選手たちと指導者に感謝。
指導者は、選手たちとお父さんお母さんに感謝。

これは以前、おやじが『うちの悟空はポイントガード~ミニバス奮戦記~』の悟空のおやじさんに対してコメントしたものです。
その後、悟空のおやじさんにエントリーとして取り上げていただき、「感謝の三角関係」と名前までつけていただきました。

選手が思いっきりバスケットができるのも、教えてくれる指導者、様々な場面で協力してくれるお父さんお母さんのおかげです。
お父さんお母さんは、選手達からたくさんの感動をもらいます。そして、それは指導してくれる方がいるからこそ可能になります。
指導者も、選手達からたくさんの感動をもらい、大好きなバスケットを“教える”という機会を与えられます。そしてそれは、お父さんお母さんの協力無くしてはできません。

北海道選手権』の予選が近づいてきました。チーム数の多い大きな地区ではすでに予選のはじまっている所もあります。

6年生最後の公式戦、全道出場・全国出場をかけての激しい戦いが繰り広げられることでしょう。
当然、練習もハードになり、選手も指導者も保護者も力の入る時期となります。もしかすると、熱くなりすぎるがためのトラブルや意見の食い違いからのトラブルなども生まれてしまうかもしれません。

そんなとき、是非、この『感謝の三角関係』を思い出して欲しいと思うのです。

指導者としての立場ではなく、保護者としての立場でもない、
ミニバスケットが大好きなおやじ”のひとり言でした。(笑)

全道のミニバス選手諸君!

みんなぁ~~っ、ふぁいとぉ!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  00:58 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2006.11/02(Thu)

弱気だな・・・。 

11月ですねぇ~。って、もう日付は2日だけど・・・。(苦笑)

南空知地区では、6年生最後の公式戦『北海道選手権南空知地区予選』が、11月の末に行われます。
この予選で優勝すれば、1月に行われる『北海道選手権』の出場権を獲得できます。
負ければ、6年生は・・・・引退です。

先の「美唄市選手権」において、ライバルチームに悔敗。暗雲たちこめるチーム内。
が、しかし、
考えようによっては、ここで負けておいてよかったとも言えます。
大会までモチベーションを維持するのは大変です。
この負けによる悔しさ、そしてリベンジへの執念が強い気持ちとなって、残り1ヶ月間の練習をより充実した有意義なものにしてくれる・・・・・・はずなんだけど。


おやじ自身のモチベーションが低下中・・・。
プレッシャーとはちょっと違う、どちらかというとジレンマという言葉が当てはまるような・・・。
めずらしく弱気。


がんばれ、おやじ!
負けるな、おやじ!

「ズンズンズンズン♪ズンズンズンズン♪小松の親分さん♪」って、歌ってくれるサポーターが欲しいっす。(古っ!笑)


そんなこんなで考えごとしているうちに、練習試合を組むタイミングを逃してしまいました。この追い込みの11月に、練習試合無しって!L(TOT)」

近隣の心優しいチーム関係者の方々、すでに練習試合の予定を組まれていることと思いますが、南美唄もその片隅に入れていただけないでしょうか?(笑)

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : ミニバス 南美唄

【編集】 |  02:12 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。