02月≪ 2006年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.03/30(Thu)

やっぱり強かった! 

第37回全国ミニバスケットボール大会(国立代々木競技場)において、

北海道女子代表の「北見北光少年団」が、みごと、みごと、みごと、

全国優勝を成し遂げましたぁ~~~~!!!大拍手!!!(感涙)


北海道代表チームが優勝するだけでも嬉しいのですが、
南美唄ミニバス少年団にとって、北見北光は特別に思い入れのあるチーム。
是非とも全国優勝を!と願っていましたが、本当に頂点に立っちゃいましたぁ。


出会いは、去年の7月30日、北海道夏季交歓大会釧路大会。

全道大会初出場の南美唄の初戦の相手が、北見北光。
地区の大会では負けなしだった南美唄の自信とプライドを根こそぎ持ってかれちゃいました。(笑)
3Qまでで完膚なきまでに叩きのめされ、4Q相手控えのメンバーに対しても全く歯が立たず、惨敗。
全道大会とはなんとレベルの高い場所なんだろうと思わされました。が、しかし・・・、

その後の北見北光の戦いぶりを見ていると、どのチームに対しても圧勝。もしかして?


北見北光がべらぼうに強いのかぁ~~~~!!!


夏季交歓大会を終えたあと、南美唄は北見北光戦の恐怖が拭い去れず、チームはどん底に。
勝てるイメージが作れなくなってしまいました。

冬の選手権地区予選でも、チームの状態は最悪。
それまで負けたことのなかった相手に、まさかの敗北。
リーグ三つ巴となり、ゴールアベレージでなんとか冬の全道大会に駒を進めることができました。

そして冬の選手権大会。
組み合わせを見て、チーム一同声も出ません。予選ブロック第1試合の相手が、なんとあの北見北光。
夏の恐怖が蘇ります。
「予選ブロック通過」を目標としていた南美唄でしたが、それがものすごく高い壁になってしまいました。
とにかく、北見北光に勝つため、いや、勝てなくても、夏の再現だけは絶対に嫌だ!
その気持ちから必死の練習が始まりました。



そして・・・・・・・・・・・完敗!

やっぱり強かった。
でも、何もできないで負けた夏とは違いました。
北見北光監督さんの、
「夏からずいぶん成長しましたね。相当練習したんでしょ?」の言葉が、努力の成果となりました。

美唄から北見まで車で約5時間、練習試合も難しい距離です。
それが、全道大会という大きな舞台で、2回も対戦できた南美唄は、本当に恵まれたチームだと思います。
北見北光のおかげで、南美唄もずいぶんと成長することができました。感謝!

そして、全国優勝!!!
本当に、本当におめでとうございます。

全道優勝したチームに負けたんだもん、悔いはないよな、と思っていましたが
全国優勝したチームに負けたんだもん、自慢しちゃおうかな。(笑)

でも、次に対戦するときは当然リベンジでしょ!(ね、幌○のUコーチ♪)
スポンサーサイト

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  23:20 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/29(Wed)

拓かれた道 

卒業式後の6年生担任の大事な仕事に「中学校への引き継ぎ」があります。
今日29日、中学校の先生2人が小学校に来て、引き継ぎを行いました。

引き継ぎの内容の具体的なことはもちろん書けませんが、
中学校の先生から、とても嬉しい話を聞くことができました。

それは、部活動のこと。

現在、卒業生が行く中学校に女子バスケ部はありません。
運動系女子の部活動は、バレー部のみ。(都会の学校では信じられないでしょうが、田舎はこんなもんです。)
中学校の新3年生には、南美唄ミニバス少年団のOGがいますが、彼女達も中学校に入ってバレーを始めました。団結成の年の6年生だったので、バスケ暦は半年でした。

今回卒業した6年生は、バスケ暦3年、夏冬全道大会出場の中心選手6人。
何よりもバスケットが大好きなメンバーです。バスケットは生活の一部。簡単にバレーに転向はできません。できればバスケットを続けさせてあげたい。
でも、中学校にあるのは男子バスケ部だけ・・・。

「男子に混じってやる!」
「自分達でやる!」
とはいうものの、そんなに勝手にできるものでもないでしょう。
「女子バスケ部作って!」
と中学校にお願いしても、指導者や設備・用具などなど考えなければならないことがたくさんあり、「いいよ~。」ってなことにはならないでしょう。

で、恐る恐るバスケット部について伺ってみると・・・、

「男女別けないで、まず希望を取ってみます。そこで人数が揃うようでしたら、前向きに検討します。」


よっしゃぁ~!!!
「無理です。」と言う返事を覚悟していただけに、嬉しさ100倍です。

もちろん、検討するということであって、どう結論が出るかはわからないので糠喜びはできませんが、可能性はゼロではないということです。

たとえ限りなくゼロに近い可能性だとしても、君達ならチャレンジするでしょう。
そして、拓かれた道なら、どんなに険しくても前に前に進んでいくでしょう。

新学期が始まってからのよい知らせ、聞けたらいいなぁ・・・。
夢をあきらめないで!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  11:59 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/28(Tue)

スタートは選抜 

レオンのちちさんの日記これからどうする?を読んで、ちょっと昔話を・・・。


南美唄ミニバス少年団が結成されたのが、3年前2003年の7月。結成時のメンバーは、6年生5人、5年生0人、4年生7人の計12人。
6年生の卒団と入れ替わるように3年生が7名ほど入団。2005年度の新メンバーは4年生7人と3年生7人という構成です。

南美唄ミニバスにとって初めての地区選抜選考会が2004年1月。
しかしこのとき、南美には5年生が一人もいなくて、いてもバスケ経験半年の4年生と始めたばかりの3年生。当然該当者なし。

ところが、当時、南空知代表チーム南○のMコーチから、
「これからの南美唄のことを考えて、チームから1名、選抜に連れて行ってはどうか?」
というありがたいお言葉があり、当時4年生の前キャプテンHONOKAが南空知地区代表入りすることになりました。

「南空知地区選抜代表選手」指名に本人・コーチ・チーム一同大喜びしたのは言うまでもありません。
ところが・・・・・・・・・・、そこからが苦労の始まりでした。

選抜練習に参加しても、5年生の技術・体力レベルに全くついていけず、一人だけ体育館の端っこで別メニュー。
周りの5年生は、4年生のHONOKAを可愛がってはくれましたが、最後の最後までチームの戦力としては認めてもらえませんでした。
大会でも、ほとんどボールに触れず、チームの足を引っ張るだけ。
それでも、全道の高いレベルを知り、選抜練習の厳しさを知り、HONOKAにとっては大変よい経験となったのですが・・・・、
選抜が終わってからも苦労は続きました。

「選抜で学んだことをチームに還元」が、選抜選手の役割ですが、4年生一人にいったい何ができるのでしょう。
伝えたくても上手く伝える術を知らない、自分が手本になろうとしてもレベルの違いに周りがついてこない・・・。

5年生になっても、チームは1勝もできませんでした。周りの6年生チームにいつもコテンパン。
試合に出たくない、バスケやめたい、という子も出てくる始末。

それでもキャプテンHONOKAは、絶対に後ろを向きませんでした。常に戦う姿勢をチームのみんなに見せ続けました。
1年間、一人で戦いつづけたといっても過言ではありません。


2005年1月、南美唄から4名の選抜選手が選ばれました。

前年度おじゃま虫だったHONOKAは、南空知地区のキャプテンとしての参加となりました。
2年連続で選ばれたこと、キャプテンに選ばれたこと、
それよりも何よりもHONOKAがうれしかったのは、
「同じチームの仲間が選ばれたこと」だったに違いありません。

ここから南美唄の快進撃が始まりました。
「全道大会出場」が、HONOKAの目標から、チームの目標になりました。

時間はかかったけど、「選抜で学んだことをチームに還元」することができました。
けっして諦めることをしなかった、一人の小さな選抜選手が南美唄の歴史を作りました。


2006年1月、南美唄から6名の選抜選手が選ばれました。

そして3月、北海道ミニバス地区選抜新人大会。
結果は散々。

でも、諦めちゃいけません。戦いはこれからです。

えっ?
HONOKAみたいに強くなれない?

そうだね、たしかにHONOKAは強かった。
でも、君達は一人じゃないだろ。仲間がいるってことがどれほど心強いことか!

新しい南美唄の歴史、みんなで作っていこうよ!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:04 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/27(Mon)

戦う気持ち! 

「第19回北海道ミニバス地区選抜新人大会」2日目です!

ブロック予選残り1試合と隣のブロックとの決勝順位戦が行われます。

昨日、いきなりの強豪チームとの対戦ですっかり意気消沈してしまった南美の選抜選手達。
帰りのミーティングで、「気分を変えて、明日は元気にプレーしようね。」と伝えたのですが・・・・。

1日という短い時間では、それは無理だったようです。
朝から硬直した顔で、あいさつの声も聞き取れないくらいの小ささ。
なんとかウォーミングアップで気分転換を!と思いましたが、それも叶わず試合開始となってしまいました。

<ブロック第3試合> vs西北見

やはり立ち上がりから、南美唄の動きが重く集中力が欠けています。オフェンスで焦り、ディフェンスで諦め。
チームの中で一番大きな舞台を経験しているはずの南美唄が、全くゲームをつくれません。前半終わって、7-18。
しかし、後半に入り、南○のメンバーが素晴らしいディフェンスで流れを作ります。相手の焦りからファウルを誘い、押せ押せムードに!!!
そこまでは、よかったのですが・・・・・・、フリースローが入りませんでしたぁ。(苦笑)
後半17-11で取るも、トータル24-29。前半の差が大きく追いつくことができませんでした。(南○のみんな、すっごく頑張ってくれたのに、ごめんね。)
これでFブロック4位決定、Eブロックとの7・8位決定戦となりました。

<優秀選手表彰>

ブロック戦終了後、各チーム1名の優秀選手の表彰が行われました。南空知チームからは、南○のAYAKAが選ばれました。
西北見戦でのディフェンス、そしてゲームメイク、素晴らしかったです!
おめでとう!

<E・Fブロック4位戦> vs旭川B

地区選抜新人大会最終戦は、E・Fブロックの4位戦(7・8位決定戦)です。なんとか1つは勝利をと思ってのぞみましたが・・・。
またもや2Q、南美唄のガード陣がふんばれず大ブレーキ。3Qで追い上げるも、疲れの見えた4Qに突き放されゲームセット。
南空知選抜、E・Fブロック8位という結果に終わりました。(16チームだと多分15位?)



夏冬全道を経験した南美唄、その経験を生かすことができませんでした。
5年生にとっては、6年生に「連れて行ってもらった」全道大会だったのでしょうか?
相手がいることなので、結果はしょうがありませんが、
残念だったのは戦う気持ちが作れなかったこと。
バスケットに対する集中が欠けていたこと。
悔し涙一つも流せなかったこと。
結果が出せなくてもいいから、戦う気持ちだけでも見せてほしかったなぁ。
早くこの場から遠ざかりたいっていう気持ちが強く伝わってきて、寂しくなってしまいました。
ミーティング終了後、だぁれも試合観戦しないで帰っちゃったもんな。
去年は、最後まで観戦してたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

がっくりと落ち込んで、寂しく試合観戦。

優勝決定戦、Aコートは札幌ADvs札幌C、Bコートは札幌Bvs帯広R。
札幌C・札幌Bのヘッドコーチは、どちらも面識のあるコーチなので「B・Cがんばれ~!」と応援していましたが、どちらも大接戦の末負けてしまいました。(おやじが応援したから?)
でも、熱かった!選手もすごく頑張ってたけど、選手と一緒に戦うコーチの姿がそこにあって、とても感動しました。


・・・・・そうだよな、まだ始まったばかりだよ。
選手達に戦う気持ちを問う前に、コーチが戦う気持ちを見せてあげなきゃ、
選手達だって本気になれないよな。

上を向いて、前を向いて、がんばろ。
ちょっとバスケットができるようになってきて、一番大事なことを忘れていたのは
自分だったかもしれないな。

南美唄ミニバス少年団の新しいスタートは、ここからにしよう!!!


第19回北海道ミニバスケットボール地区選抜新人大会
試合結果はここから

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:05 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/25(Sat)

強くなるために! 

「第19回北海道ミニバス地区選抜新人大会」の開幕です!
25・26日の2日間、北海道の16地区の選抜チームが、江別市民体育館(女子:男子は恵庭市)で熱い戦いを繰り広げます!
おやじも、南美唄ミニバスの5年生6人と、南空知地区選抜の一員として大会に参加です。

<第1試合> vs帯広L選抜  

リバウンド全く取れず・・・。緊張からボールが手につかず、ミス連発。自滅パターンで、負け。

<第2試合> vs札幌C選抜

厳しいマンツーマンに、ボールが入れられず、5秒オーバータイムの嵐!気持ちが折れてしまっては、もう手の施しようがありません。完敗。

地区選抜新人大会初日は、0勝2敗。内容も、いいとこなし。
15名の選手達も、試合後のミーティングでは、下を向いてうなだれるばかり・・・。



しかし~~~っ、ここまでは全くの計算通り!!!選手達は、初めての経験かもしれませんが、おやじにとっては毎年のこと。去年の南空知選抜も、その前の南空知選抜も、み~んな同じように、1日目はがっくり、しょんぼり、半べそでミーティングしたものです。

ある意味、この「がっくり」を経験しに来ているんです、南空知選抜は。

大きな地区の選抜選手達は、ここにくる前に、予選で、そして選抜練習でとても厳しい思いをしています。たくさんの試合を経験しています。だから、すでに非常に完成度の高い状態にあるといってもいいでしょう。
それにくらべたら、南空知は限りなく0に近い経験値。
緊張で喉がからからになったり、声が出せなかったり。体育館の雰囲気だけで、舞い上がってしまって・・・。

でも、それが当たり前なんです。それを経験しに来てるんです。

「これでミニバス人生終り」みたいな顔しちゃダメです。
「ここが始まり」なんだから。

今、弱くても、今、下手糞でも、それはけっして恥ずかしいことじゃない。
強くなる可能性、上手くなる可能性がたくさんあるってことなんだから。

明日もがんばってみよう。これから強くなっていくために。

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:06 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/23(Thu)

選抜壮行試合 

今日の練習は、今週の土日で行われる「北海道ミニバス地区選抜新人大会」に
南空知代表として出場する我がチームの5年生(全員の6名+男子で出場のKAZUKI)の壮行試合を行いました。
選抜出場チームvs2・3・4・6年生チーム。18日に小学校を卒業した6年生も全員参加です。
せっかくなので、タイマーだけでなく、TOセット全部出し、スコアも用意して本格的にやることにしました。

1Q、立ち上がりは選抜チームの動きが重く、それに対して4年生SUZU・RENAの2人ががんがん攻めます。来年の選抜に期待が持てる活躍です♪ 7-10

2Q、疲れの見えた4年生に対し、元気が出てきた選抜チーム。137センチの小さなエース、MOEが本領発揮の10得点!一気に逆転です。
このQは、18-0。前半終了 25-10 で、選抜チームリードです。

3Q、おまちかね、ここから6年生の登場です。
選抜壮行試合なので、ちょっとは手を抜くのかな?なんて思ったら大間違い。いきなり得意の1-2-1-1ゾーンプレスで、容赦なくボールを奪い、速攻!速攻!速攻!15点差が一瞬にして消えていました。このQ、1-24、トータル26-34。

4Q、まだまだ容赦ない6年生の攻撃は続きます。これまでのミニバス生活で身につけた全てのものを5年生に伝えよう、そんな6年生の気持ちが感じられる、本気の攻撃。5年生も必死でボールを運びますが、リングまでの遠いこと。
このQ、0-22。後半 1-46 で最終スコアは 26-56、2・3・4・6年チームの勝利となりました。

選抜メンバーの心に残ったのは、負けた悔しさより、南美6年生の強さ。土日の試合、もう怖いものはありませんね。これが南美6年生流の壮行のスタイルなのでしょう。

6年生のみんな、最後までありがとう!
5年生のちびっ子たち、がんばってくるよ。

ちなみに、大会当日も、江別にほぼ全員集合するらしいです。このチームワークが何よりも自慢です!!!(気をつけて来てね)

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:09 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/22(Wed)

苫小牧遠征 

春分の日、21日、苫小牧に行ってきましたぁ!
道産子30数年やってますから、苫小牧には何度も行ったことがありますが、
ミニバスの遠征・大会では、初めての苫小牧。
苫小牧地区といえば、昨年の全国出場萩○、今年度全道3位の錦○などなど
全道トップレベルの実績を持つチームがしのぎを削る激戦区、ミニバスのレベルの高さも折紙つきです。

苫小牧地区主催の選抜強化交流試合に南空知選抜チームで参加しました。
苫小牧地区・南空知地区の他に室蘭地区も参加し、3地区での交流試合となりました。

<苫小牧vs南空知>
最初の対戦は、苫小牧。
1Q立ち上がりは、まずまず。アップでのシューティング練習が不十分だったので、シュート確率が悪いなぁくらいに思っていたのですが・・・。大きな勘違い。(苦笑)
2Qから、オールコートでのあたりが厳しくなり、全くボールを運ばせてもらえなくなります。とにかく、ディフェンスの穴がない!フリーになりたくてもなれない、パスをさばく場所がない、全道トップレベルのディフェンスを十分に堪能させてもらいました。(笑)
5年生?というくらいの立派な体格。
選抜?というくらいのまとまったチームワーク。
なによりも選手一人ひとりの顔が、「やりますよ!」という自信に満ち溢れています。
南空知選抜選手、何もさせてもらえませんでしたが、本大会前に大変よい経験をさせていただきました!

<南空知vs室蘭>
室蘭のコーチが、おやじの大学時代の先輩で、交流試合ならではの再会に感激!
ちなみにおやじは大学時代剣道部(笑)だったので、バスケ部だった先輩は「何でこんな所にいるの?」ってな感じでしたが・・・。
苫小牧戦で、何もできずに終わってしまったので、なんとか一つでも練習したことを出したい所です。
ディフェンスで頑張りがみられました。
抜かれるのは、相変わらずですが(苦笑)抜かれてもしつこく追いかけ、相手にプレッシャーをかけ続ける事ができていました。
オフェンスでのつまらないミスと入らないシュートにより、ロースコア、接戦のままゲームが進行します。

残り18秒、1点ビハインド、相手ボール。負けを覚悟したのはコーチだけだったようです。(猛反省)
選手達は、あきらめていませんでしたね。
混戦から転がりでたルーズボールを拾ったのが南空知。 シュート! 外れた リバウンド! 取った シュート!!!
リングを転がって~~~~~~入ったぁタイムは残り3秒。
本大会並に盛り上がっちゃいましたね。(笑)


大変有意義な交流試合をさせていただきました。
南空知選抜チームとしての課題は、山ほどあり、本大会までにどれだけ修正できるかわかりませんが、大変素晴らしいチームと、大変素晴らしい環境での交流試合、とっても楽しかったです!!!
主催いただいた苫小牧地区の皆さんに厚くお礼申し上げます。
本大会では、別ブロックなので対戦することがありませんが、苫小牧・室蘭両地区のご健闘をお祈りします。(もちろん南空知もがんばります!)

今度は、南美チームで苫小牧遠征に行けるといいなぁ・・・。

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:20 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/22(Wed)

卒業を感じる日 

18日の卒業式で6年生を送り出してから、
19・20・21日の3連休が明けて、本日出勤。

1~5年生は、通常どおりの学校生活ですが、
6年生担任は、学級へ行っても子ども達がいない・・・。

給食も一人職員室で。
教室で食べてた時は、「静かにせい!」「行儀よくせい!」と落ち着いて食事もできない毎日でしたが、一人で食べる給食のなんと味気のないこと・・・。

小学校卒業・中学入学に関わっての事務仕事が山ほどあり、決して暇にはならないのですが
やっぱり教師は、子どもがいてナンボの商売だなぁと強く感じますね。

たぶん、6年生担任が一番卒業を感じる日が、卒業式明けの初日ではないでしょうか?


はやく新学期が始まってくれないかな。

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:13 |  学校  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/19(Sun)

選抜は難しい~! 

今日は、南空知地区選抜チームの練習試合。
対戦相手は、お隣さん地区の北空知地区選抜。

北海道ミニバス地区選抜新人大会まで後1週間なので、
仕上げの段階に入っていなければいけない時期なのですが・・・。

結果は、10Q(2試合と2Q)やって、1Qしか獲ることができませんでした。

う~ん、選抜は難しい~!!!

特にディフェンスがうまくいきません。

練習日程が限られている選抜チーム、システマチックなゾーンディフェンスより
シンプルなマンツーマンが基本となりますが・・・、

そのマンツーマンがうまく機能していない。

理由その①~1つのチームが、普段2-1-2のゾーンディフェンスを組んでいて、マンツーマンに慣れていない。
理由その②~コミュニケーションが十分でなく、フォロー、スイッチなどがスムーズに行えない。
理由その③~ボールマン抜かれすぎ。(うちのチームじゃん!)

その③は、個人的な問題かと思いますが、①・②は、選抜ならではの問題でしょう。

経験豊富なコーチなら、このくらいは想定の範囲内で、簡単に修正がきくのかもしれませんが、なにせ選抜2年目の新米コーチ、解決の方法として、
「声を出そう!」「集中!」(笑)
くらいしか言えないんじゃ、選手達がかわいそうですよね。
自己嫌悪・・・。

選抜の練習は、21日の練習試合を残すのみとなってしまいました。
強豪地区の選抜チームとの対戦となりますが、
今日の反省を活かし、何らかの活路を見出せる練習試合にしたいと思っています。

苫○牧選抜チームの選手名簿を見ました。・・・・・・・で、でかい!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:23 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/18(Sat)

涙、涙の卒業式!!! 

今日は、おやじの勤務する小学校の卒業式。

何を隠そう(隠してないけど)おやじが卒業担任。

学年1クラス、6年生男子11名、女子16名。
小さなクラスだけに、一人ひとりにそれぞれ思い入れがあって
相当試練の卒業式になるだろうなと・・・。

いつもより若干遅い卒業式の登校、それでも登校時刻の30分前にはすでに数人の子が
教室に。普段と違った卒業式用の衣装にジーン。(早っ。)

30秒ほど遅刻をした子が2人いましたが、全員登校でホッ。全員がそろったことにジーン。

さあ、卒業式です。

担任にとって一番の試練が、卒業証書授与の際に子ども達の名前を呼ぶという作業。
さらに、うちの学校は、名前を呼ばれた子が体育館中央で、親や先生方に感謝や決意を発表してから卒業証書をもらうことになっていて、これがもう強烈!!!
当然のことながら、親は号泣。さらに、発表をする子どもが涙すると会場全体がそれをもらって涙、涙、涙。

はい、もちろんおやじも涙。

今年の6年生は、感激屋さんが多かったので涙は予想していましたが、
その予想をはるかに上回る涙、涙の卒業式でした。

おやじ的にきつかったのが、男の子の涙とミニバスメンバーの挨拶。
悪ガキヤンチャ坊主たちの涙は予想していなかったし、
ミニバスのメンバー7人は、挨拶にならないくらいの涙の挨拶。

はい、おやじ完全ノックアウト!!!


式の最後の方では、やっと涙も止まり、ほっと一安心と思いきや、
最後の最後にやってくれました!

卒業式司会の5年生が、「卒業生が退場します。」の台詞の際に突然、涙。
それまで我慢していたものが一気に噴き出すかのように涙。

卒業生ではなく、5年生の涙に不意打ちを食らった会場全体、一気に爆発!
またもや涙、涙。涙の卒業生退場となってしまいました。

これほどまでに涙の多い卒業式は珍しいのではないでしょうか?
開始10分から、最後まで。
それだけ純粋で素直な子ども達が多いということでしょう。

とってもとっても素敵な卒業式でした。


ちなみに、5年生なのに号泣して会場全体を涙の渦に巻き込んだ張本人は、


南美唄ミニバス少年団、新キャプテン YUKINA でした~!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:24 |  学校  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/15(Wed)

メジャー?マイナー? 

今日は、市の総合体育館で練習を行いました。
水曜日の夜間は、バスケットボールの日ということで
オールコート2面が開放されています。
そのうちのハーフを使わせていただきました。

残りの1面と半分は・・・というと、
高校生のグループや中学生のグループ、そしてうちのライバルチームの子ども達なんかもいて結構びっちり。一見、バスケットボール大人気!!!といった感じです。

しかし、実際のところ、近隣市町村のミニバスチームはどこもメンバー集めに一苦労。
うちのチームも、新チームは12人。

人気があるのやら、ないのやら、どっちやら。

2006年FIBAバスケットボール世界選手権も日本で開催されることだし、
もっともっとバスケットボールが注目されて、「やってみたい!」と思う子が増えてくれることを願っています。


アイバーソンは来ないのかぁ・・・、がっくし。

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:29 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/14(Tue)

秘密基地でのドッジ 

今週から学校の体育館が、卒業式の会場設営のために使用できなくなりました。
この1週間、卒業担任として大忙しなので、コーチとしては練習お休み!と言いたい所ですが、そんなこと許してくれる子ども達ではありません。練習しないと暴れるぞ!くらいの勢いです。

こんなとき(学校体育館が使えないとき)は、秘密基地の体育館(笑)を利用します。
リングが高いので、シューティング練習には不向きですが、学校から近いし、なにせ使用料が無料!とっても重宝しています。

今日は、動きながらのパス(スクエアパスや2メン・2メンクロスなど)を中心としたメニューを行いました。

練習終りの30分間は、今日のお楽しみ『ドッジボール』です。
2~6年生を半分に分けて、ガチンコ対決!
2年生と3年生の顔にぶつけたら退場(笑)というルール以外は、全く手加減なし。
普段の5対5の練習の何倍も盛り上がりました。(バスケもそれくらい頑張って!)

途中、6年生が本気で(6年生を狙って)投げたボールが、2年生のお腹にヒット!!!
一瞬、息止まってましたね。
顔じゃなかったので、アウトはアウトなのですが、ちっちゃい2年生が涙目になっているので
「大丈夫~?」と聞くと
「ん~~~、だいじょ~~ぶぅ~~。」の返事。
その後も、休むこともなくプレーしていました。
よし、根性あるぞ~。また楽しみが一つ増えました。


ドッジボールをして気が付いたこと。
普段、ハンドリングが悪い子はやっぱりハンドリングが悪く、
普段、パスができない子はやっぱりパスができない。
ということは、ドッジボールがうまくなれば
バスケもうまくなる?

リングの高い体育館での練習メニューに「ドッジボール」、入れとこうかな。

明日は、市の総合体育館で練習です。

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:29 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/13(Mon)

おやじの株上がる!? 

明日は、3月14日。言わずと知れたホワイトデー。
チームの子から、たくさんの恐怖の(笑)手作りチョコをいただいたので、
そのお返しをと思い、仕事帰りに近所のケーキ屋さんに寄ります。

人数分のお菓子を買い、代金を支払ったところで、ハッ!!!
危なく忘れるところでしたぁ。

3月14日は、我が家の結婚記念日。

結婚記念日だからといって特別なことをするわけではないのですが、
「そういえば結婚記念日だねぇ。」とおやじから言い出すことが大切らしく、
忘れるとしばらくの間、チクチク厭味攻撃。
しまいには子ども達もその攻撃に加わって、
「パパってひどぉ~い!」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「すいませ~ん。ケーキもください。」
これで一安心。

家に帰るとさっそく子ども達がケーキの箱を見つけて、
「どしたの?それ。」
「明日結婚記念日でしょ。1日早いけど、明日はバスケで遅くなると思ったから。」
「パパえら~い!!!」
妻、ご機嫌。
おやじの株も相当上がりました。


恐怖の手作りチョコのおかげです。(笑)
【編集】 |  12:57 |  ファミリー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/12(Sun)

地区選抜新人大会組み合わせ 

第19回北海道ミニバス地区選抜新人大会の組み合わせが
ようやっと手元に届きました。(日付3月5日になってる!?どこをうろうろしてたんだ?)

南空知女子は、Fブロック。
帯広L・西北見・札幌Cと同じブロックです。

札幌C!?

先日、選抜チームで練習試合をした相手、前○中央さんも札幌C。
ちゅうことは、またあの子がいるのね・・・。

そして、冬の選手権で南美唄が対戦した幌○さんも札幌C。
高さにやられたっけ・・・。そういえば、5年生にも大きい子いたなぁ。
幌○さんには、リベンジしたいなぁ・・・。よし、選抜にまぎれて・・・。(笑)

全国に行く宮○さんも札幌Cですね。(全国がんばってください。)

強豪がひしめく札幌の中でも、かなり勢いのあるブロックでしょう。

帯広も北見も強いチームいっぱいあるしなぁ・・・。

う~ん、楽しみ!!!ただひたすらに、楽しみ!!!

順位戦では、Eブロックと対戦です。
苫小牧・札幌AD・旭川B・釧路の4チームのうちのどこかと対戦できるのですね。

う~ん、楽しみ!!!ただひたすらに、楽しみ!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  12:59 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/11(Sat)

頭と体 

ミニバスの指導をはじめる前、
12月~3月は、スキー指導員として週4~5日の山通いのスキーばか。
現在は、スキー場経営不振による営業時間の短縮で平日ナイター営業がなくなってしまったので、スキーを履くのは週末だけ。
北海道ミニバス地区選抜新人大会の南空知選抜スタッフになってからは、2月3月の土・日はほとんどバスケの予定が入っていて、その週末もなかなかスキー場に行くことができません。
今週土・日は、今シーズン最後のスキー講習・検定会となっています。
ミニバス選抜練習も予定されていたのですが、最後の講習・検定会なので、ミニバス練習の方は他のスタッフにお願いして、今日はしばらくぶりのスキー場です。

今日の自分の担当は、スキーバッジテスト級別1級の一般の班。
職業柄「教える」ということには慣れているつもりですが、普段は子ども相手、大人相手となるとずいぶん勝手が違ってきます。

とにかく体が頑固。(笑)
頭ではわかっていても、体が思うように動かない。
しまいには、頭まで頑固になってきて、

T「もっとひざ曲げてくださいね~。」
受講生「あれぇ?曲がってませんかぁ?」
T「曲がってませんねぇ~。」
受講生「いや、曲げてますよぉ~。」
T「・・・・。(曲がってたら注意しないっちゅうの!)」


こんな感じでいっこうに次のステップに進めない。(泣)

一般の班で、大人相手にスキーを教えるたびに思います。

自動車教習所の教官は、相当忍耐力がなければつとまらないんだろうなぁと・・・。
【編集】 |  13:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/09(Thu)

何故肥る? 

我が家のお風呂の脱衣所にある体重計、
子ども達をのせて「おっ、また大っきくなったぞ。」と
日々の成長を確かめるのに大変重宝しているのですが・・・。

なんだか、最近、


おやじも大っきくなってる?


昨年7月にタバコを止め、周りの愛煙者達から
「絶対に肥るぞ!」と呪いの言葉を掛けられはしたものの、
さほどの変動もなくここまできていましたが、
最近になって、その呪いの効果がようやっと現れてきているのでしょうか?

毎日のミニバス練習で、子ども達とともに相当な汗をかき、
30歳をこえるとエネルギー代謝が悪くなるらしいので、食事も程々にし、
お酒はもともと飲めない体質・・・。

なのに、何故肥る

食事の後に体重計にのると、食事分体重が増えていて、
そうとはわかっていてもいい気分はしないので
今日は、食事の前に体重測定。

400g・・・・増えている?!・・・・・チックショ~!!! 

【編集】 |  13:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/07(Tue)

地名って難しくありません? 

新しい年を迎えるにあたって何か新しいことを!
と考え、始めてみたブログ。

なんだか恥ずかしいので、身内(特にチーム)には内緒にしているけれど、
ミニバスおやじ連盟に加盟させていただいてから、少しずつ交流が広がってきて、とても楽しいブログ生活を送ることができています。

ミニバスブログ中心に覗かせてもらって、コメントなんかもちょこちょこ書かせてもらっているのですが・・・、


読めない地名って結構ありません?

地名って難しいですよね!(かなり強引に同意を求めていますが・・・恥)


そういえば、『美唄』って正しく読んでもらってるんでしょうか?

美唄は一応「市」なので、北海道の方はみんな知っていると思うんですが、
道外の方はどうなんでしょ?

「美唄=びばい」と読みます。

読み仮名ふるの忘れていました。

「みなみびばい(なんび)ミニバス少年団」をこれからも宜しくお願いします!!!
【編集】 |  13:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/05(Sun)

教えたかったこと 

今日は、滝○第二・滝○東・南美唄の3チームでの卒団記念大会
大会は3チームの総当り、6年生のみ出場の4Qで行われます。(合間に新人のミニゲームも行いました。)

多分、ホントにホントの6年生最後の対外試合。
楽しく、のびのびとプレーできることを期待していましたが・・・。

第1試合 vs滝○東   

まったくいいところがない・・・。
身勝手なパスに、無責任なシュート、ボックスアウトはしない、ルーズボールは追わない、抜かれたらすぐあきらめる、へルプにいかないetc・・・。
4Qでなんとか突き放すものの、1Qも3Qも落とし、内容的には負け試合です。

こんな試合をわざわざしにきたのかぁ?
これが最後の試合?

おとなしく見ているつもりでしたが、さすがに我慢なりませんでした。
昼食後、全員を集めてミーティングを行いました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

3年間で教わったことを思い出してください。
楽をすることでしたか?つらいことから逃げることでしたか?人に頼ることでしたか?
ズルをすることでしたか?手を抜くことでしたか?あきらめることでしたか?
そんなことで勝って、満足ですか?

バスケットはひとりではできません。チームスポーツです。
思いやり、協力、責任、感謝の気持ちがなければチームは成り立ちません。
この3年間で築き上げた君達のチームプレーを見せてください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

第2試合 vs滝○第二

さて、どこまでコーチの言いたいことが伝わったか、1勝同士で迎えた優勝決定戦です。
滝○第二とは、先日新人で練習試合を行いましたが、6年生ははじめての対戦。
初物に弱い南美唄、そして歯車がまったくかみ合わなかった第1試合。不安要素たっぷりです。

立ち上がり、動きはまったくよくないけれど何かしようという気持ちは伝わってきます。
特に、第1試合でまったく取れなかったリバウンドが取れるようになってきました。
ようやっと声も出てきました。
早いパス、細かいパスをつないでの速攻が決り始めました。
カットプレーに絶妙のアシストパス。
十八番の1-2-1-1ゾーンプレスもかっちりはまって、圧勝!(これぞ南美唄のバスケット、ちょっと感動しちゃいました。)

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

【編集】 |  13:08 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/04(Sat)

うちの#4は天然娘? 

今日は、新人選抜の練習日。
今日で練習試合を含めて5回目の集合となりますが、体調を崩す子もなく順調に進んでいます。
今日は、ゲームの中でのコミュニケーションを意識して、3対3,5対5をみっちり練習しました。だいぶ意思の疎通も取れてきたので、同じユニフォームを着れば、同じチームに見えるかな?

 南空知地区選抜#4は、うちのチーム(南美唄)の#4キャプテンYUKINA。
 このYUKINAが面白い。

 今日の5対5でも、針の穴を通すようなドンピシャのアシストパスや
 ディフェンスの一瞬の隙を突いてのカットインなどの非常にレベルの
 高いプレーを見せて、コーチ陣をうならせる。
 かと思いきや、次のプレーでは、どう考えても入るわけのない水平
 チェストパスシュート?をバックボードにぶち当て、何のプレッシャー
 もないプレーで普通に?敵にパスをして、コーチ陣、唖然。
 非常にとらえどころのないプレイヤーである。(笑)

 6年生に、「YUKINAって何?」って聞いてみると、全員が声をそろえて
 「天然!」ですと。

 細かいことにこだわらないおおらかさ(能天気さ?)に魅力を感じ
 新キャプテンに任命しました。

 このキャプテンに付き合っていくには、コーチも細かいことにこだわってちゃ
 いけませんね。広~い心で見守りましょう。・・・・・・・・きっと大物になる!!!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : 南美唄 ミニバス

【編集】 |  10:59 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/02(Thu)

#(背番号)へのこだわり 

時期的に、新チーム体制作りのネタが多くみられます。

美木多ミニバス、コーチSさんのエントリー「背番号

を受けて、我が南美唄ミニバスの背番号(#)についても考えてみました。

選手達はやはり背番号にこだわりがあるようです。
団結成当時、まだ背番号に意味を持たせていなかった時期から大きな番号をもらうと悔しそうな顔。
ならば、そのこだわりを意欲につなげられるように、番号に意味を持たせてみようと考えたのが、2年前。現6年生が4年生のときですね。

#4以外の番号にどのような意味があるのかまったくわからなかったので、勝手に意味をつけていきました。

#4~キャプテン(べスメンの1番ポジション)
#5~べスメンの5番ポジション
#6~べスメンの2番ポジション
#7~エース(べスメンの4番ポジション)
#8~べスメンの3番ポジション

キャプテン・エースのポジションによって#5・6・8のポジションも変動しますが、
基本的には、ここまでがベストメンバーの番号となっています。

#9~べスメン控え。シックスマンというのでしょうか?
#10・#11・#12・#13~レギュラーナンバー
#14・#15・#16・#17・#18~控え

と、こんな感じ。厳密に決っているわけではありませんが、この2年間でこのような形に落ち着きました。

それぞれの意味を理解させ番号を与えることによって、自分に求められていること、自分に足りないことなどをしっかり見つめることができているようです。また、ベストメンバーなどは、自覚と責任、プライドも育ってくるようです。
もちろん、控えの番号だからといって試合に出られないと決ったわけでなく、控え番号の子を積極的に使うことで、レギュラーメンバーの意欲もより高まるという効果も期待できます。


南美唄ミニバスの背番号の意味を紹介しましたが、2006年度はその通りになるかどうか・・・。
なぜなら・・・・・・・・ユニフォームが余ってるぅ!!! 団員求む!! 

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : 南美唄 ミニバス

【編集】 |  10:57 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03/01(Wed)

うれしい延長戦!? 

帰宅すると妻が、
「I先生から電話あったよ。電話ちょうだいって。」

I先生は息子の小学校の先生。
しかしそれは世を忍ぶ仮の姿。
して、その正体は・・・、

I先生の娘さんが所属する「滝○東小ミニバス」の後援会長なのでありました。


I先生から電話ということは・・・、練習試合のお誘い?
さっそく電話。

I先生「滝○第二さんが卒団記念試合したいそうなんだけど、南美唄参加できます?」
T  「あの~、うち卒団式終わっちゃったんですけど・・・。」
I先生「じゃぁ、無理?」
T  「いやぁ~、それが、卒団式終わっても普通に練習にきてるんですよねぇ、6年生全員。」
I先生「じゃぁ、大丈夫?」
T  「はい!もう全然OKです。すぐにでもやれます!!!」

ということで6年生、うれしいうれしい延長戦です。
滝○第二・滝○東・南美唄3チームでの記念試合。

卒団式が終わっても、後輩たちのために全力で練習に参加してくれている6年生。
今週の日曜日までは、もう一度、自分たちのための練習していいんだよ。
明日からの三日間、相当気合の入った練習になるんだろうな。なんか武者震い。

一番喜んでいるのは、多分・・・・・・コーチ!

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

タグ : 南美唄 ミニバス

【編集】 |  10:54 |  ミニバス  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。